このブログ最上級の案件♪

100%現金がもらえるよ!

無料口座開設だけで現金1000円!

DORA麻雀では不正はない!安心して麻雀をうちましょう!

DORA麻雀

 

ネットでできる賭け麻雀はDORA麻雀が最適!

無料で参加できる大会もあるので、この無料大会だけ狙うのもあり!

 

DORA麻雀公式HPはこちら

オンラインで賭け麻雀ができるサイトで圧倒的人気をほこりるDORA麻雀

今回は

不正によって負けるのだけはいやなんだけど・・

というあなたの為に、DORA麻雀の不正防止への取り組みを紹介します。

前提として運営が不正をする理由がないという記事がありますので、興味があればごらんください。

オンラインカジノが不正をするメリットはまるでない。
大事なお金を掛けるのだから、少しでも「不正あるんじゃないか?」とか疑いながら、やりたくないですよね。玉がコロコローってイレギュラーな...

 

オンライン麻雀の不正とは?

運営には不正はなく、ユーザー側に不正の余地があるとしたら考えられる不正は、コンビ打ちになります。

オンラインの場合、1人で2つのアカウントを操作することもできますから、コンビ打ちというのが正しいのかどうかはわかりませんが、要するに2人、もしくは3人がグルなわけです。

DORA麻雀にはオカがないので、うちこまなければ、そこまでマイナスになることはないにしても、上がりをつぶされて中々トップはとれないでしょうね。

トップがとれなければ、やはりじり貧で負けていく事になります。

コンビ打ちをすれば、どっちかをトップにもっていくことは、比較的簡単にできます。

鳴きたいハイがあれば出せばいいし、てんぱってしまえば、もう2人で当たり牌を引けばいいのですから。

また有限である麻雀牌の情報量が2倍になるわけですので、手作りや相手の牌を予想するのも断然有利になります。

 

DORA麻雀不正防止の取り組み・仕組み

このコンビ打ちを防止する為の取り組みとしてDORA麻雀では

不正プレイヤーへの対策と処罰という項目ではっきりと発信を行っています。

大きく分類すると以下の通り

・不正探知システムによるアラート検知
・不正調査員による巡回監視
・ユーザーからの通報

簡単に説明すると

  1. コンピュータによる不正探知
  2. 運営スタッフのアナログ監視
  3. ユーザーからの通報を受ける体制を整え、スタッフによる確認

まさに三位一体となって不正を防ぎ、排除する仕組みが整っています。

3番のユーザーからの通報ですが、この時活躍するのが、ハンドIDになります。

 

DORA麻雀のハンドIDとは?

DORA麻雀では、配牌からツモった牌まで全てが記録されています。

俗にいう牌譜というやつですね。

自分がうってきた全ての局のものが記録されており、ひとつひとつの局に番号が振られています。

その番号をハンドIDといいます。

自分の配牌、ツモはもちろん、相手の配牌、ツモった牌まで全て見る事ができます。

おや?今のおかしくない?この相手ぐるか?

と感じた局があれば、すぐ確認することができます。

自分も一度、山越しで高いのを打ち込んでしまった時に、もや~っとして確認したら、たまたま、前順にその待ちになっただけだったので、もや~ってのはなくなった事があります。

麻雀語録 「山越し」とは?
トップをとりたいなど、どうしても特定の相手から上がりたい時の手段。自分の上家が捨てた当たり牌をあえて見逃し、自分の下家が上家が通した牌(もしくは上家の案牌)と思って捨てた牌を討ち取るテクニック。トップ争いをしているオーラスなどで使われることが多いです。そうでない場合は、はやり見逃さず上家がきった牌であがる方が良いですからね。

とにかくハンドIDとは、その局の記録になります。

ハンドIDとその時の状況を運営に伝えると、運営がコンビ打ちなどの不正か、そうでないかを判断してくれます。

ちなみにですが、「役満キャンペーン」でも、このハンドIDを運営に伝えて、確認してもらう事になります。

それ以外でも、相手がどんな打ち方をしたのか?とか、自分があの時何を切るべきだったのか?などの復習もこのハンドIDを使って確認できます。

 

DORA麻雀で不正をしたら罰則があります!

度合に応じて、警告、永久追放、そして損害賠償まである

とはっきり告知しています。

ここまで強く姿勢をうちだすことで、不正を抑止しているわけです。

 

まとめ

ここまで徹底して、運営が不正に対して力をいれてくれていますので、安心して麻雀を楽しみましょう!

そして、他の方の為にも、おかしいな?と感じれば、運営に連絡をいれ、ユーザーみんなで不正者をなくしていく事も同時に行っていきましょう。

おわり

タイトルとURLをコピーしました