ワイド馬券が最高な理由をぐだぐだ語ってみました!

競馬
スポンサーリンク
Pocket

馬券はワイドが最高です!

多分、大勢の方から共感をえてないでしょう。すみません。

馬券の売上げの50%は3連系の馬券ですし、残りの50%の中でも単勝・馬連が人気です。ワイドは人気がありません。

ですので共感が多くないのは想定内です。でももう一度あえていいます。

馬券はワイドが最高です!

今現在、競馬の勝ち組にいる方はまったく読む必要はないと思いますが、そうでないかた。つまり競馬で勝てないと悩んでいるかた。

今と同じでは、いけないわけです。なにか変えないと!と悩んでいませんか?

予想ファクターも重要な1つですが、「馬券種」「馬券の買いかた」も重要な要素だと思います。

今回はその中の「馬券種」「馬券の買いかた」を少し考えてみるきっかけになれば嬉しいです。

ワイド馬券が最高なんです。推奨は1点買いです。

その理由を語っていきます。

スポンサーリンク

ワイド馬券が最高な理由その1 だって今までそうだったから!

1番の理由は

経験!

なんとも根拠に乏しい理由で申し訳ありません。

今まで何度も何度も、後悔してきました。

「ワイドのみで良かったーーー」って。

例えば、3000円の予算だとします。

本命◎(人気馬)
対抗○(穴馬)

こんな予想になった時に、◎ー○のワイド1点3000円を買おう!でも1着・2着ズバリで来た場合を考えて、◎ー○の馬連も買いたい。

穴馬の〇が頭(1着)だった場合は、さらに配当がはねるので、○→◎の馬単も少し買おう・・

結果、こんな馬券を買ってきました。1例です。

○→◎ 馬単500円
◎ー○ 馬連1000円
◎ー○ ワイド1500円

そして、えてして、1着-3着や2着-3着だったりで、ワイドのみ的中が多かった。

それって結果論じゃね?

その通りです。馬連がはまった時は下のような愚痴になりがちです。

ワイドじゃなく馬連にすればよかった~

ありがちですね

ただ、おそろしいほどに自分はこのパターンが多かった。もしかすると自分の予想ファクターが、頭がとれる予想ではなく、人気順位よりは好走できるだろう馬を選択するファクターだったのかもしれない。

もともと人気薄が馬券になるときに圧倒的に多いのは3着ですので、当たり前といえば当たり前です。

ということで、ワイドが最強だと思う1番の理由は、過去の結果です

あてはまらない方にはあてはまらないでしょうw

もし「そういえば自分も・・」という方がいれば一考の価値ありです。

スポンサーリンク

ワイド馬券が最高な理由その2 人気馬をきることができる

例えば、3連系の馬券で1人気の馬をきるのは、かなり勇気がいります。1人気の複勝率は60%近くあるわけですので、1人気の馬をきった3連系の馬券は6割は外れてしまいます。

それでも合成オッズや長期での収支を考えて、「来たらしょうがない」と1人気をきれる方は、きっと勝ち組に近い方だと思うので今回の記事は、スルーしてください。

ですが

だいたいの方が、1人気をひもにおさえるのではないでしょうか?

2019年の有馬記念

リスグラシュー本命の方でも、やはりアーモンドアイをひもに組み込んだ方多かったのでは?

とりあえず買っておこう的な・・・

で、この根拠のない1人気だから買ってこうという票のおかげで、1人気の馬は儲からない仕組みになっています。

1人気がきてしまったら、ガミもしくは元返し、1人気以外の馬がきて高配当になれば嬉しいという馬券も、あながちまちがいではなさそうですが・・

ただ、合成オッズはまちがいなく落ちます。

そこで、おすすめしたいのが、ワイド馬券なわけです。

ワイドなら、残りの1席に1人気がきても、的中です。

この買いかたなら、つい1人気だからおさえてしまう!という方でも、1人気を勇気をもってきることができるのではないでしょうか?

まぁこれも、精神論よりの話で、本質は1人気が飛んでしまうかどうかの予想力が大事なんでしょうけど・・

でもまぁ今回は[買いかた]についての記事ですので・・

つづけます。

スポンサーリンク

ワイド馬券が最高な理由その3 複勝圏内には想定外の馬が普通に来る

だれか有名な方が言ってました

「3着にはどの馬がきてもおかしくはない」と。

狙い通りの2頭がきても、残りの1頭にわけがわからない馬が突っ込んできて不的中というのは、3連系の馬券で勝負している方は経験があるはずです。

2020年1月19日(日)に行われた、「G2日経新春杯」

3着に11人気の8番が逃げのこりました。これで3連系を外した方多かったのでは?

1つのレースで狙いたい馬がいたとしても、そのレースの全頭の診断をするのはかなり時間が必要です。大きな重賞で1週間前からレース予想をするならともかく、平場のレースで全頭を横比較して予想するのはかなりの労力。

多分、一般の方にはその時間もないのでは?と思います。

狙いの馬がせっかく2頭複勝圏内にきても全然ノーマークの馬がきて3連系を外してしまうというのは、どうしてもあると思うわけです。なぜなら、全頭を同じ熱量で比較検討する事じたい難しいからです。

結論
全頭を確認しなくても、狙い馬だけで勝負できる、ワイドがいいんじゃね?

スポンサーリンク

ワイド馬券が最高な理由その4 資金をパンクさせない為には、そこそこの的中は欲しい

狙いの馬が2頭いたとします。

その2頭の馬連とワイドを比較した時

単純に組み合わせ数をみると

馬連→1通り(1-2着)
ワイド→3通り(1-2着、1-3着、2-3着)

つまり馬連よりもワイドの方が3倍当たりやすい。

でも配当がワイドよりも馬連の方が3倍あればおなじじゃない?

その通りです!仮に馬連の配当が長期でみてきっちりワイドの配当よりも3倍あれば、理論的には同じ回収率になります。

馬連の配当はワイドの3倍?

1,2着のワイド配当と、馬連の配当を比較した時に、馬連の配当がワイドの配当よりも3倍あると仮定して、話を進めていきますが、本当にそうなのか?
結果表をアナログでさーっとみていった印象だと、やや
馬連>ワイド×3倍
な気がします。どうなんでしょう?
残念ながら自分はこれを検証するツールがありません。誰か調べることができれば教えて欲しいです。

馬連配当=ワイド配当×3倍で話を続けます。

では、狙いの2頭がいたとして、馬連を1点で買い続けるのと、ワイドを1点で買い続けるのではどっちが良いか?

的中の確立はワイドの方が3倍
・馬連の方が配当は3倍ある

とします。一見同じですよね。

ただ、資金が有限であることを考えると話は違ってきます。

分かり易くする為に、サイコロで例えます。

①サイコロを振って1が出れば600円もらえます。
②サイコロを振って、偶数がでれば200円もらえます。

期待値は
①6分の1×600=100円
②2分の1×200=100円

どちらも同じ期待値になります。

ではなにが大きく違うか?それは連敗の可能性です。

当然6分の1の確率の方が連敗のリスクは大きくなります。

俗にいう【波があらい】というやつです。トータルの期待値が同じなら、波が緩い方を選ぶのが絶対的に得策です。

上記のサイコロの例ですが、1回の参加料を80円とします。期待値は100円ですので、サイコロ1回ふるごとに20円儲かります。勝ちゲームです。ひたすらサイコロを振ればいいです。

①と②どちらでも期待値は同じですので、どっちを選んでもいいでしょう。

では、軍資金が400円しかなかった場合はどうでしょう?

1回80円ですので5回チャレンジする事ができます。

みさんならどっちを選びます?

①の6分の1で600円もらえるやつは、5回当たらなければ破産です。そして充分ありえます。

②の2分の1で200円もらえる場合は、5回連続で不的中というのは確率上

2分の1×2分の1×2分の1×2分の1×2分の1=3%です。

よほど運が悪くない限り、いきなり破産することは少なそうです、

資金に限りがあるので、破産だけはさけないといけない。ならば配当は3分の1でも当たる確率が馬連よりも3倍高いワイドが最高なのです。

これは3連単でも同じことが言えます。当たるまでの期間、不的中に耐えられるだけの資金がないとしんどいってことです。

予想ファクターは回収率が100をこえる優秀なものであっても、その当たりがくるまえに、破産したら終わりなのです。

トータルの回収率が同じ場合、波がゆるいほうが、資金的にも精神的にも有利なのは、まちがいないと思わないですか?

スポンサーリンク

ワイド馬券が最高な理由5 合成オッズの計算が楽なワイド馬券

でもさ、当たりやすい分配当が安すぎてトータルで勝てなくね?

配当が安いっていうけど、合成オッズで比較してみてくださいね

SNSで的中馬券がよくでてますよね、

3連単を3000円買って、万馬券的中しました!15000円ついた!

万馬券ってなんかかっこいいけど、これって資金が5倍になっただけなんです。もちろんそれはすごい事だけど、ワイド1点で5倍の配当をしとめたのと同じ。

多点買いをした時は本当に注意が必要!合成オッズを計算しないといけない。いったい自分が買った馬券の合成オッズはいくらなのか?

正直めんどくさいんです。

ワイド1点なら簡単!1点ですからそのオッズがそのまま合成オッズとなります。

ワイドで○倍以上ある場合のみ参戦!というマイルールを作りやすい!

※逆に、人気薄を軸にした、流し馬券でも合成オッズがしっかり担保されているなら、多点買いでも全然OKだと思っています。

スポンサーリンク

ワイド馬券が最高な理由6 運に左右されにくい馬券

配当が安定している

前の記事のどっかにあったけどさ、ワイドと2頭軸の総流し3連複って的中率は全く同じだったよね

そうだよ

じゃあ、なんでワイドを推してるの?

確かに3連複2頭軸の相手総流しとワイドは的中確率は全く同じだし、相手をしぼる事でもっと予想力と配当妙味を探すことができるかもしれない

それは過去の記事でも書きました。今回の内容と同じような事が書いてあります(何回言うねん!って感じ)

ただ、ワイドと3連複2頭軸の相手総流しを比較した時は、資金配分をするありきでの話でした。

この資金配分も意外と難しく、レース前に合成オッズを計算して、資金配分をするってなかなかできないのです。

じゃあ、資金配分せずに、相手を総流しもしくは、何頭かに流したとします。

的中したとして、その3頭目が、1人気の馬なのか、10番人気の馬なのかで、配当が全然変わってきます。

これって、運の要素が強すぎると思うわけです。総流しにして、最低人気が来たときと1人気がきたときの幅が・・

狙いの2頭が馬券になったという事実は同じなのに、もう1頭の人気によって配当が20倍・30倍と変わってくるのです。これって少し違和感ありますよね。

もちろんワイドでも、相手次第で配当は上下しますが、3連複ほど大きな差はでません。

なるべく運の要素は排除した方が、本当の実力?回収率?そんなのがちゃんと出るような気がします。

ワイド1点は、まぎれにも対応しながら、実は一番実力が出る馬券ではないか?

いや、単勝こそ!という意見、絶対あると思いますが、えーっとそれも間違ってないと思います。うーん。自分は・・って感じです。

ハナ差、クビ差なんて読めるわけがない

ダントツで突き抜けた場合は別として、僅差の決着って多いですよね。これも運の要素が強い気がします。もう運ですよね。

3連複総流しよりワイドの方が最低ベット金額が小さくできる

15頭立てのレースで、2頭軸の3連複総流しだと最低1300円必要です。そして資金配分してどの馬がきても同じくらいの配当にしようと思えば、5000円くらいかかります。
これがワイドだと最低金額の100円からベットできます。

低資金で遊べるワイドはとてもお財布にもやさしいですね

スポンサーリンク

ワイド馬券が最高!まとめます!

●こんな方におすすめ
①今負けてて、なにか改革を求めている方
②当たってもしょぼい回収しかない
③どうしても人気馬を買ってしまう

●合成オッズの計算しなくていい1点買いがおすすめ

でも実際に1点にしぼるってかなりつらいんです。そこで個人的におすすめなのは、本線ワイドのうち軸をどちらかに絞って、もう1点買い目を増やします。

その時、本線のワイドよりも、オッズがつく場合のみ購入がいいのでは?

本線のワイドよりも、安いところ(人気馬)を狙うのは、合成オッズをさげるだけなので、オススメしません(来る補償などないのだから)
本線のワイドよりもさらに人気薄の気になる馬がいた時だけ、おさえるってイメージ。

ワイドの場合、2点買っても、どちらも的中する可能性があるところがグーです。

●マイルールを作る

自分の場合、3倍以下のオッズは見送るようにしてました。5倍のオッズを5レースに1回的中させれば回収率100。そこからオッズ、的中率を少しづつ精度をあげていく。

自分にあったマイルールを決めていけばいいと思います。10倍の配当を9回に1回あてていくだけでもプラスですし、20倍の配当なら19回に1回当てれば勝ち組です。

競馬で負けている方は、圧倒的に合成オッズが低い?人気馬から多点買いしすぎている!そして低い事に気が付いてない事の方が多い気がします。

●100円から楽しめる

と、まぁぐだぐだ書いてまとまってないのですが・・

とにかく自分はワイドが最高なわけです!

おわり。

タイトルとURLをコピーしました