このブログ最上級の案件♪

100%現金がもらえるよ!

無料口座開設だけで現金1000円!

合成オッズ2 秋華賞の例でみてみる

競馬

今回は合成オッズの話の続きです。

こちらの記事もどうぞ!
⇒⇒⇒合成オッズとは?

合成オッズをつかって、お得な馬券の買い方!また多点買いは悪なのか!?を考察していきたいと思います。

単勝1点買いは、多点買いと同じ

先日ツイッターでこんなのをみました

ひも総流しはありかなしか?

みなさん答えていました!その中に興味深い答えがありました。

総流しなんかありえない!男はだまって単勝1点!

別にもめたいわけではないので、つっこみたかったけどスルーしました。

単勝って馬単1着固定の総流しと当たる確率は同じなんですよね。

もっといえば、3連単1着固定の総流しと同じ確率でもあります。

質問されたかたの意図は、馬単なら相手を1頭~〇頭にしぼるべきだ!という事なんだと思います。

その答えが「単勝1点だ」

質問された方も困ったのではないでしょうか?

単勝って2着、3着を当てる事をほうきした超多点買いともいえるわけです。

では単勝を買うのと、馬単1着固定の総流しをかうのとでは、どちらが得か答えられる?

同じなんじゃないの?

ここにオッズの歪みってのがしょうじてて、馬によって単勝がお得なときと、馬単総ながしの方がお得な時があるんだよ

どうやったらそれがわかるん?

ここで合成オッズを活用します。

単勝オッズと、馬単総流しの合成オッズをくらべるのです。

秋華賞で検証してみますね。

2着ににげねばった⑬ミッキーチャームを例にあげてみます。

⑬の単勝オッズは15.6です。

⑬の1着固定の馬単総流しの合成オッズをみてみます。

組み合わせ オッズ
13→01 1325
13→02 198.2
13→04 646.6
13→05 199.6
13→06 1072
13→07 121.7
13→08 1843
13→09 2641
13→10 1919
13→11 39.5
13→12 2978
13→14 1297
13→15 4582
13→16 283.3
13→17 7807
13→18 326.4
合成オッズ 17.7

合成オッズは17.7です。単勝は15.6だったので馬単総流しの方がよいことがわかります。

この差がめちゃくちゃ大きいのはわかりますよね?

10万投資で、配当金は20万ちかくかわります!

 

でも、2着にどんなのがくるかによって、配当金がバラバラだよね?お得な時もあるかもしれないけど、単勝の方がよかったという場合もあるじゃん

そうなんだよ!いいとこに気が付いたな!でも以下の方法でその心配はなくなるんだ!

 

絶対にチェックしてください!
口座を開設するだけで1000円!それを家族にでも紹介すれば、紹介した人開設した人それぞれに1000円振り込まれます!やばいでしょっ!
「みんなの銀行」紹介プログラムで1000円もらえます!失敗しない口座開設方法!
2021年5月28日「みんなの銀行」アプリサービスがスタートしました。みんなの銀行~?どうせまた怪しい変なやつでしょう~?...

 

単勝=馬単総流し(資金配分する!)

2着の馬によって配当がおおきくぶれてしまうのでは、単勝の代わりの馬券としては成立しない。

そこで、配当金が同じになるように資金配分をします。

おなじく秋華賞の例で説明をします。

⑬ミッキーチャームの単勝と馬単総流しの比較

⑬ミッキーチャームの単勝オッズは15.6です。

10万円の資金を単勝にかけて的中したら、単勝オッズ15.6ですので、156万円になりますよね。

156万を覚えておいてくださいね。

では馬単総流しのオッズに、10万円を資金配分したのが下の表になります。

組み合わせ オッズ 掛け金 配当金
13→01 1325 1400 1855280
13→02 198.2 8900 1763980
13→04 646.6 2800 1810480
13→05 199.6 8800 1756480
13→06 1072 1700 1822910
13→07 121.7 14400 1752480
13→08 1843 1000 1842900
13→09 2641 700 1848770
13→10 1919 1000 1919100
13→11 39.5 45000 1777500
13→12 2978 600 1786560
13→14 1297 1400 1815240
13→15 4582 400 1832920
13→16 283.3 6200 1756460
13→17 7807 300 2342010
13→18 326.4 5400 1762560
合成オッズ 17.7 100000 1770000

同じ金額をつかったのに、配当金は2着にどれがきても20万近く多いのです。

1万円の投資でも、配当金が2万円もかわってきます。

これは結果論でなく、「⑬の単勝に1万円かけるなら、資金配分をした馬単総流しの方がお得だった」といえるわけです。

ただしこれには条件があって、資金配分できるだけの掛け金が必要なことです。

つまり単勝1000円買おうとしてた場合では、総流しができません。2000円くらいでも、配当が同じくらいになるような資金配分ができません。

ある程度、競馬資金に余裕があるかた限定の戦略です。

上記の例で5000円投資する場合の資金配分をやってみます。

単勝に5000円だと、15.6倍で78000円の配当になります。

組み合わせ オッズ 掛け金 配当金
13→01 1325 100 132520
13→02 198.2 400 79280
13→04 646.6 100 64660
13→05 199.6 300 59880
13→06 1072 100 107230
13→07 121.7 600 73020
13→08 1843 100 184290
13→09 2641 100 264110
13→10 1919 100 191910
13→11 39.5 2200 86900
13→12 2978 100 297760
13→14 1297 100 129660
13→15 4582 100 458230
13→16 283.3 300 84990
13→17 7807 100 780670
13→18 326.4 200 65280
合成オッズ 17.7 5000 88500

人気薄でも100円はかける事になるので(あくまで的中率は同じにするため)、じゃっかん単勝よりも配当が少ないところもありますね。

これは次にお話しする、買い目をしぼることで解決できるかもしれません。

⑨アーモンドアイの単勝と馬単総流しの比較

つぎに、同じようにアーモンドアイの単勝と馬単総流しを比較してみます。

⑪アーモンドアイの単勝オッズは1.3

馬単の総流しの合成オッズは1.13です。

このままだと単勝を買う方がお得ですね。

組み合わせ オッズ
11→01 65.6
11→02 8.1
11→04 33.1
11→05 7.5
11→06 34.6
11→07 4.2
11→08 53
11→09 131.2
11→10 69.7
11→12 138.2
11→13 10
11→14 46.5
11→15 198
11→16 13.3
11→17 377.6
11→18 16.1
合成オッズ 1.13

先ほど例にだした⑬ミッキーチャームがわりと少ないケースで、ほとんどは

単勝>馬単総流しの合成オッズ

となります。

では、正解が単勝でしたでおわるのは面白くないので、もう少し検証してみます。

2着に来る馬をもう少ししぼったらどうなるか?ということです。

この時点で、単勝よりも的中率は下がります。リスクを負うという事です。

的中率をさげて回収率をあげるのが競馬の本質なら、これもりっぱな戦略になるのでは?

全馬の単勝オッズをみてみます。

人気 馬番 馬名 オッズ
1 11 アーモンドアイ 1.3
2 7 ラッキーライラック 7.3
3 2 カンタービレ 14
4 5 サラキア 14.3
5 13 ミッキーチャーム 15.6
6 16 プリモシーン 22
7 18 ダンサール 25.1
8 4 ランドネ 62.2
9 6 パイオニアバイオ 96.3
10 14 ゴージャスランチ 117.1
11 8 トーセンブレス 127.9
12 10 オールフォーラヴ 135.4
13 1 ラテュロス 156.8
14 12 オスカールビー 220
15 9 サトノガーネット 254.3
16 17 サヤカチャン 290.1
17 15 ハーレムライン 344.4

ここから先は結果論もはいります。

例えば100倍以下のオッズの馬は2着にははいらないだろうと、馬単のひもからきったらどうなるだろうか?

その場合の馬単の合成オッズは以下のようになります。

組み合わせ オッズ
11→02 8.1
11→04 33.1
11→05 7.5
11→06 34.6
11→07 4.2
11→13 10
11→16 13.3
11→18 16.1
合成オッズ 1.26

単勝1.3倍にくらべて、下位人気8頭をきった馬単合成オッズが1.26です。

これはリスクをとってさらに、オッズも低くなるので単勝の方がまし!ということになります。

それだけ、1着固定の馬単がかわれてたってことなんかな?

もっとしぼれば、合成オッズがどこかで1.3以上になると思いますが、それは単勝の代わりにならないか?という趣旨からはずれすぎるのでやめておきます。

なにがいいたいかというと、⑬ミッキーチャームのような例もあるということ。

100%こっちの馬券の方がお得だったという事実。

他の券種でも比較できるものはあるのではないか?

今回は【単勝】と【馬単総流し】の例でみましたが

【馬単1点】⇒【3連単1着2着固定からの総流し】

【ワイド1点】⇒【3連複2頭軸の総流し】

これらも、合成オッズと比較する事でおとくな買い方がみつかるかもしれません。

また、総流しから、いらない馬をけずっていくことによって、合成オッズをあげることができます。

ツイッターでみた馬券考察(個人をひなんするわけではない!)

秋華賞の買い目をたくさんツイッターでみかけました。

あたらないより当たった方がよいのは、まちがいないですが、馬券自体はいろいろ考察ができて面白かった。

アーモンドアイ(1人気)から、5点に馬連を買っていました。相手は2人気~6人気。

5点の均等買い。5番人気がきて馬連880円ゲットして、よろこばれていました。1番たかいところですもんね、おめでとうです。

ただこの馬券の合成オッズは・・

組み合わせ オッズ
2-11 7.2
5-11 6.8
7-11 3.7
11-13 8.8
11-16 11.3
合成オッズ 1.3

1.3倍・・

アーモンドアイの単勝と同じです。

これをどうとるかは、人それぞれかもしれませんね!

以上合成オッズのおはなしでした。

 

タイトルとURLをコピーしました