控除率とは?お得な馬券って何?

スポンサーリンク
Pocket

今回は控除率と馬券種について考えてみます。

競馬の永遠のテーマの一つでもある【馬券種はなにが1番いいのか?】

結論を先に言うと、答えはでませんでした。ただなんとなくそうなのか?というのは見えてきた気がします。やはり単複になるのか?

理想の馬券種の前に、基本となる競馬業界の構造から確認していきます。

スポンサーリンク

我々はJRA(胴元)と戦っているのではない?

がんばる君
今日は絶対JRAに勝つぞ~!
うまきち
JRAが負けることはないけどな

 

そうですJRAが負ける事はありません。みなさんが賭けた総金額の決まった金額を抜き取り、残った金額をみなさんでとりっこしてください。というスタイルなのです。

たかみの見物です。

JRAは個の馬の勝敗など関係ありません。考えるべきは売上です。売上があがるほど利益があがるので、競馬ファンをたくさん作る為に、CMに人気タレントを起用したり、藤崎奈々子騎手のような人気物は宣伝に力をいれます。

キタサンブラックの馬主で有名な北島三郎も、JRAからすればいい宣伝になるわけ。歌ってもらったり、マスコミに取り上げてもらったりと、競馬会を盛り上げる事に尽力しているのがわかりますよね。

話がそれました。

JRAが売上げの中から抜き取る金額ですが、その割合の事を控除率といいます。反対に払い戻す割合は払戻率といいます。競馬の払戻率は約75%(控除率25%)と言われています。

なぜはっきり確定ではないかというと馬券の種類によって設定が微妙に違うからです。

スポンサーリンク

馬券種ごとの払戻率!1番お得な馬券は?

JRAの馬券種(正確には勝馬投票法と言います)ごとの払戻率

馬券種 払戻率
単勝 80%
複勝 80%
枠連 77.5%
馬連 77.5%
ワイド 77.5%
馬単 75%
3連複 75%
3連単 72.5%
win5 70%

単勝の払戻率は80%です。仮に単勝の売上が1億円あったとすると、先にJRAが2000万円とってしまいます。そして残った8000万を当てた人で分けて下さいとなるわけ。

馬券を買った時点ですでに20%胴元に抜かれているのです。そしてあとは馬券を買った人同士の戦い。奪いあいです。そうです戦うべき相手は、JRAではなく、同じ馬券購入者の方です。

その中には馬券で生活しているプロもいますし、長年研究を続けているコアなファンの方も山ほどいます。その中で勝ち組を目指すわけですから、並大抵のことではありません。

幸いな事にそこまで本気で研究されずに、馬券を購入している方もいます。その人達がおそらく買うであろう馬は1番人気の馬になりがちですので、やはり1番人気の期待値は下がりがちになります。

くわしくは⇒単勝1番人気の分析

馬券種ごとの払戻率をみると単勝と複勝が一番有利になります。もう答えがでたのしょうか?実際プロと名乗る方に、単勝、複勝をメインにされた方が多いです。

5%ほどの差は、的中1つ2つで簡単にひっくり返りますので、大きな差はないかもしれません。

ただ重賞だけ参加される方はそれでもいいと思いますが、毎週末、いや地方競馬を毎日参加する方はこの5%は大きく影響してくるような気もします。

ただこんな言葉もよくききませんか?

オッズの歪み

オッズの歪みが単勝、複勝だとでにくいが、複雑な馬券種こそオッズに歪みがでやすく、儲けやすいと・・

次回は【オッズの歪み】から、馬券種を検討していきます。

 

こちらの記事もどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました