このブログ最上級の案件♪

100%現金がもらえるよ!

無料口座開設だけで現金1000円!

麻雀のルール 基本編②「まち」の形は6種類しかない!

DORA麻雀

今回は麻雀のあがる直前の「まち」についての説明です。

基本編①をまだ見てない方はこちらをどうぞ

麻雀のルール 基本編①麻雀とはどんなゲーム?
初心者の方にもわかりやすく、麻雀のルールを説明していきたいと思います。麻雀は4人もしくは3人で遊ぶゲームである!まず、麻雀は基本4人で...

 

前回の記事で、麻雀の完成形は14牌で構築された以下の形だと説明しました。

3枚セット×4組 + 2枚×1組 =14牌

 

この完成形になる1つ手前の状態(13牌)を、テンパイといいます。

例)「テンパッた!」「テンパる」などという

あと一つで完成となる、ワクワクドキドキの状態です。

その時の形を「まち」といい、「まち」の形によって上がり枚数などがちがってきます。

「まち」の形は

  1. 単騎待ち
  2. のべたん待ち(単騎待ちの進化系)
  3. 両面待ち
  4. ぺんちゃん待ち
  5. かんちゃん待ち
  6. しゃぼ待ち

この6つに分類されます。

3面待ちなどは、両面待ち同士の組み合わせや、両面待ち+単騎待ちなどの複合系になり、またあとで説明します。

まずは、この6つの形を覚えましょう!

それぞれの上がり枚数も紹介しますが、これら以外の牌が見えていないと想定しての枚数です。

 

まちの形① 単騎待ち

雀頭(2枚ペア)の部分のまちになります。

3枚組の部分はできてて、あとは雀頭の部分で完成。

もっている雀頭候補と同じもので完成になるので、上がり枚数は3枚になります。

 

まちの形①の進化系 のべたん待ち

これは単騎待ちの進化系です。

5万か8万どちらかで上がりになります。

5万がくれば、5が雀頭になり【6・7・8】のジュンツになります。

8万がくれば、8が雀頭になり【5・6・7】がジュンツとなります。

5万と8万をひとつづつもっているので、上がり枚数は6枚となります。

次に紹介する、両面待ちとは似ていますが、区別されるので注意してください。

 

まちの形② 両面待ち

先に紹介したのべたん待ちとおなじ5万と8万がくれば完成です。

ただし、これはのべたんではなく、両面待ちとなります。

最後の1牌が、雀頭になればのべたん、最後の1牌がジュンツになれば両面まちだと覚えてください。

これは、のちのち【役】がつくのかどうか?というときに関わってきますので、理解をしておきましょう。

これは待ちの形のなかで1番上がり枚数の多く、上がり枚数は8枚になります。

 

まちの形③ ぺんちゃん待ち

ずばり

1・2 をもっていて 3待ちか

8・9 をもっていて 7待ち

この2つの形のことです。

はじっこなので、両面にならないパターンです。

上がり枚数は4枚となります。

 

まちの形④ かんちゃん待ち

ジュンツの真ん中を待っている形です。

「あなぼこ待ち」とか言ったりもします。

上がり枚数は4枚です。

同じ上がり枚数の「ぺんちゃん待ち」よりも、良い形に発展しやすいので、ぺんちゃんよりも重宝する事になります。

例えば、上の写真でいうと

【3・5】を持っているところに、【2】がくれば、【2・3】と両面まちになるので、5をすてます。

同じく

【3・5】を持っているところに、【6】がくれば、【3】をすてて、【5・6】の両面のまちに変化します。

 

 

まちの形⑤ しゃぼ待ち

雀頭候補が2組あるパターン。

この場合、上がり牌が出た方が3枚セットのアンコになります。

「しゃぼ待ち」とか「しゃんぽん待ち」言います。

2種類の牌であがりになりますが、2枚づつ手にあるので、上がり牌は4牌となります。

 

複合系 いろいろ

上記の6種類が、「まち」の形の基本形となります。

麻雀の面白いところは、これらがあわさって、多種多様なまちが存在することです。

少しだけ紹介します。

両面待ち+両面待ち

 

ぺんちゃん待ち+単騎待ち

7がくれば→【789】+【99】
8がくれば→【88】+【999】

になるわけです。

 

これわかります?

答え

2をアンコだと考えると、【2・5・8】の3面待ちになります。

これだけだと不正解です。

次に、2を対子だと考えます。

 

すると、2と發のしゃぼ待ちになります。

答えは

2万・5万・8万・發 の4種類の牌で上がりになるわけです。

面白いでしょ?

 

まとめ

待ちの形は5種類あり、それぞれの上がり枚数をまとめてみると

両面まち 8枚
かんちゃんまち 4枚
ペンちゃんまち 4枚
しゃぼまち 4枚
単騎まち 3枚

となります。

やはり基本は両面まちにるように、手作りしていくと有利になりそうです。

 

 

以上、こんかいは「まち」の種類を紹介しました。

面白いでしょ?

 

タイトルとURLをコピーしました